出産祝いにお金はいくらが相場

よくあることだと思うのですが出産祝いにお金を渡しますね、しかしその相場の金額っていったいいくら位であるか知っていますか?

実は決まった金額というのは無いのです、無いはずなんです。なぜなら出産祝いとは、お祝いの気持ちを込めてお金を包むということだからです。そうは言っても、出産祝いを渡す相手に失礼の無いように常識的な金額を知っておいたほうがいいでしょうね。

出産祝いのお金の相場は、もちろん相手とのお付き合いの度合いであったり、お住まいの地域などによって変わるのです、そこで同じように祝い金をあげる人と相談をしてから金額をお互いに合わせてみるだとか、ちょっと一人だと辛いなら他の人と合算して贈ってみたりというのもいいでしょう。

出産祝いが、結婚祝いと違うことは、一人に対してお祝いが何回有ってもいいということです。
そういうときの祝儀袋には紅白の長結びの水引、または熨斗紙を使います。
それと、表書きには「御出産御祝」「御安産御祝」と書いてあるものを使うのがいいでしょう。

以下に出産祝金の相場の額を記述しておきます。
(ここでは贈る側の年代を20〜30代を想定しています。)

・兄弟・姉妹に贈る時、大体10,000円
・親戚に贈る時、   大体5,000円
・友人に贈る時、   大体5,000円
・同僚に贈る時、   大体5,000円

間違えないようにして欲しいのは使うお札は、新札を使うようにしてくださいね。お祝い事の時のお札は新札が原則です。
またお祝い事なので、金額は嫌う人がいる4や9がつかないようにしてくださいね。

あとそれから、出産祝いを贈る時期も大切です、産まれる前はいけません無事に産まれたと報告を受けたら、それからどうするかを考えても大丈夫です。

最近では生後一ヶ月位にお宮参りをします、その前後に内祝いをするというのが一般的になっているようです。それに合わせて生後一ヶ月までに出産祝いを贈るというのが良いタイミングでしょう。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。